冷え性や腰痛の痛みをとる。利用方法と人気の口コミ

Girl_beauty

癌にも使われる

がん治療の温熱療法について

がん細胞は熱に弱いといわれています。この熱に弱いという特性を生かして行う治療法が温熱療法です。 温熱療法とは、腫瘍に対して一時間ほど42度から43度に加熱する療法です。 人の細胞は、41度以上になると急速に死滅していきます。がん細胞も41度以上にすることで急速に弱めることができるのです。 温熱療法だけで、がん細胞を死滅させることは難しいといえます。そのために、放射線治療や化学療法の併用で効果を高めることができるのです。 41度以上になると細胞が死滅するのであれば、健康な細胞も死滅することになります。しかし、健康な細胞は、温度があがることで血管が拡張して熱を逃すことができるのです。 これにより、がん細胞だけが弱まるという効果を得ることができるのです。

これからの治療法として

がん細胞を死滅させる効果がある温熱療法は、今に始まった治療法ではありません。 古くは、医学の父であるヒポクラテスも温熱療法を実践し効果があると認めたのです。 温熱療法の研究は、1960年代から急速に研究が進みました。 現在は、2個の電極で高周波を体に流す方法が用いられています。血流の少ないがん細胞は、この高周波で温度が上がりやすくなるのです。体温も少し上昇しますが、血流がよくなり免疫機能を高めることができるようになります。 しかし、皮下脂肪が多い人には、皮下脂肪の温度も上がってしまことになるのでこの治療法は難しいとされています。 温熱療法の効果から免疫も上がることから、免疫療法との併用もすることでより効果的にがん細胞を減らすことが出来ます。 これからの治療法として、効果的にがん細胞を減らすことができる治療法の併用が増えていくといえます。

Copyright (c) 2015 冷え性や腰痛の痛みをとる。利用方法と人気の口コミ all reserved.