弁護士事務所の利便性をご紹介!【どんな悩みでも即相談】

ニュース一覧

借金問題を二人三脚で解決

計算する人

書類集めも1人ではない

借金が返せないと頭を抱えている方は、1人で悩んでいても問題は解決しません。長い人生の中では、苦境に立つ時もあります。そんな時は、自分で解決しようとはせず他人に力を借りましょう。借金問題であれば、弁護士が大きな手助けをしてくれます。弁護士は刑事事件だけを専門としているわけではありません。任意整理や過払い金返還請求、個人再生、自己破産の債務整理にも対応しています。弁護士が借り手の立場に立ち、消費者金融会社等の債権者と交渉を行います。これにより督促の電話や郵便が止まるほか、スムーズな借金問題解決へと導いてくれます。それぞれの債務整理方法には特徴があり、1人1人に最適な債務整理を選択してくれるのも弁護士の魅力です。債務整理を弁護士に依頼する際には、予め用意する書類があります。絶対に必要なのが、借り入れ履歴表です。これは弁護士が債権者に対し、介入の通知を発送するために使用します。また、介入通知の際には、金融会社のカードも一緒に送付するため用意しなければなりません。より有利な交渉とするために、給料明細書や家計収支一覧等の現在の家計が分かる資料も必要です。さらに債権者が交渉内容に納得できるように、債務整理に至った理由を記載した書類も必要不可欠です。ただし、これは弁護士が相談内容を基に作成してくれる事務所もあります。他には本人確認書類として、本籍地が記載された住民票も必要です。必要書類集めも、1人で行うわけではありません。弁護士が優しくどの書類が必要か、どのように作成するのかを説明してくれます。まずは気軽に相談し、借金問題解決への第一歩を踏み出しましょう。