弁護士事務所の利便性をご紹介!【どんな悩みでも即相談】

ニュース一覧

遺産が多いなら生前相談を

スーツの人

幅広く相談するなら弁護士

大阪の法律専門家の中で最も幅広い相続業務を扱えるのが弁護士です。司法書士や行政書士でも、株式や預貯金解約名義を変更したり遺産分割協議書の作成をしたり戸籍謄本や住民票の取り寄せをしたりができます。しかし、司法書士では140万円以上の民事事件は扱えませんし、行政書士では相続登記や家裁においての相続放棄の手続きなどが行えません。ピンポイントで何か依頼するときは大阪の行政書士や司法書士に頼むのが費用も抑えられていいかもしれませんが、幅広い問題を依頼するのなら弁護士にしておいたほうが無難です。大阪の弁護士に相談をする時期は、生前と死亡後に分けられます。特に資産を多く持っている人であれば、死後に残された家族が遺産分割などで揉めないように、被相続人が生前に相続の相談をしておくことが大事になります。死後に多額の相続税がかかる場合は、生前贈与しておくのも一つの方法です。また、資産だけでなく負債がある場合も債務整理など適切な対処をしておきたいところです。それから、死後の様々な手続きを委任しておくことや、任意後見制度を利用すること、遺言書を作成しておくことなども大阪の弁護士に頼むことができます。そして、死後に依頼するのは相続人です。このとき大阪の弁護士ができるのは遺産分割手続きや協議書の作成、遺産調査等々で、相続登記以外の相続手続きはできると考えていいでしょう。依頼するときは、遺産相続に強みを持つ法律事務所を選ぶのが賢明です。